カテゴリー
After Effects

【作業データ公開中】lofi風のイントロ動画を作った

こんばんは、織田檸檬です。

明けて2020年、はやくも1ヵ月が過ぎました。
今年こそはYouTube活動を充実させようと思っていたのですが、面倒さが勝って何もしていません。

さて、自身のチャンネル用にイントロっぽい動画を作ったのですが、投稿する動画がなくて、あまり活用できていないです。

それがこちらです。

このままではもったいないなと思ったので、素材としてaepデータを公開してみることにしました。

ご利用規定を守れる方は、各自好きに活用してください。(学習目的・ご自身の動画に利用など)

なにかトラブルが起きたり、面倒なことになったりなど、僕の独断と偏見で公開をやめることがあるかもしれませんが、
そこらへんはご理解いただきたく思います。

なお、このaepは外部スクリプトとして「DUIK BASSEL 2」を使用しています。
DUIK BASSEL 2に関しては、ご自身で導入してください。(当然ですが、この素材に同梱されておりません)

DUIK BASSEL 2

https://rainboxlab.org/tools/duik/

【必読】利用規定

〇ご利用規定
この素材は規約の範囲内であれば、個人、法人、商用、非商用問わず無料でご利用頂けます。

以下の場合、ご利用をお断りします。
・公序良俗に反する目的での利用
・素材のイメージを損なうような攻撃的/差別的/性的/過激な利用
・反社会的勢力や違法行為に関わる利用
・素材自体をコンテンツ・商品として再配布/販売
・その他著作者が不適切と判断した場合

なお有償・無償どちらも素材に関する対応はしておりません。ご自身で解決してください。

〇著作権
この素材は無料でお使い頂けますが、著作権は放棄しておりません。この素材の著作権は織田檸檬が所有します。

素材は規約の範囲内であれば自由に編集や加工をすることができます。ただし加工の有無、または加工の多少で著作権の譲渡や移動はありません。

〇Q&A

Q:収益化してるYouTubeもしくはニコニコ動画で使いたいんですが、可能ですか?

A:可能です。必須ではないですが、概要欄に記載するとか初回使用時に紹介するとかしてくれると嬉しいです。

Q:いじるの面倒なので、お金払うから書き換えていただけないでしょうか?

A:いまのところ、対応する予定はないのでご遠慮ください。

〇その他
素材を利用することによって発生したトラブルについては一切責任を負いかねます。

全ての規約は予告無く改変する場合があります。予めご了承下さい。

aepデータ公開

というわけで、長くなりましたが、下記URLがaepデータです。

https://drive.google.com/open?id=1b_nHxbtLZdMyQL4tLMhZ0Sg9vVbZNEYY

簡単な紹介動画

中身の解説動画

後日(いつになるかわからんけど)制作・公開予定です。

終わりに

AEを学ぶ方のお役に立てれば幸いです。

以上です。

カテゴリー
After Effects

動画編集を楽にする連番を活用した方法

こんばんは、織田檸檬です。

PremiereやFCPX等で動画制作、動画編集をしていると、エフェクトなどをかけすぎて等速でプレビューされない、もっさりしてイライラするということがよくあります。
また右上や左上などに、自分の作ったアイコンや文字などの動画を乗っけたいという方もいらっしゃるかと思います。

今回は、そんなときに活躍してくれる連番データのご紹介したいと思います。

連番を活用せよ

AfterEffectsやPremiereなどでプレビューが重くなる原因は、大抵はエフェクトか3Dのせいです。
特にAEで3Dカメラを作ってなにかしたら確実に重くなります。
またParticularなどのプラグインも重くなる原因ですね。

こういう場合、先にその部分だけ書き出してしまうのが速いです。

で、書き出す際は動画データで書き出すのではなく、連番データで書き出すのがおすすめです。

連番のメリット その1「軽い」

連番データはただの静止画の連続なので、コンピュータになんの負荷もかけません。
Particularのかかったレイヤーを重ねるのと、あらかじめ書き出した連番データを重ねるのとでは、プレビュースピードが違います。

ブラーがかかったカットなどもあらかじめ書き出しておくと、再生したときにスムーズだと思います。

もちろん後からParticularの粒の量を変える、みたいなことはできません。連番データは後に微調整できないので、ある程度調整しおえた後に書き出しましょう。

そして注意してほしいのが、連番データは音声データがくっつかない、ということです。

書き出す際は、あらかじめ使い尺を決めてから連番データに置き換える形で使うと、音のズレを気にせずに軽くできます。

連番のメリット その2「レンダリングミスに強い」

連番は一枚一枚静止画として書き出すので、仮に停電等でレンダリングが止まったとしても、途中から再開することができます。
(たとえば300フレームで終わっていたとしても、設定で301フレーム目からレンダリングしなおすことができます)
これが動画データとして書き出していると、はじめからやり直しになってしまいます。レンダリング時間が長いものだと、徒労感半端ないです。

レンダリング時間がかかるものは特に連番で書き出すとリスク回避につながります。

さて、ここまでで、重い処理をしているカットは、あらかじめ連番で書き出しておくことで、プレビューを楽にできるということがわかりました。

さらに連番データは、より動画制作を楽しくしてくれる要素を持っています。

それは……。

連番のメリット その3「透過が扱える」

ParticularやOpticalFlareなどは、何かと重ねて使うことがほとんどだと思います。

その場合でも連番は活躍してくれます。なぜなら連番データは透過(アルファ)を保持できるからです。

また透過が扱えると、表現の幅が広がります。
右上に回転するロゴマークを入れたり、オリジナルのトランジションを入れたりすることも可能です。
あらかじめAEで素材を透過(アルファ)つき連番で書き出しておき、Premiere上で使う、というのもありですね。

たとえばこんなのとか。

たとえばこんなのとか。

連番データを扱うことで、表現の幅も広がりそうですね!

連番の設定

連番のメリットはわかったから、どうすればいいんだという方へ。

連番はAfterEffectsで書き出せます。

適当なモーションを作ったら、レンダーキューの中の出力モジュールからTIFFシーケンスを選びます。

それからTIFFシーケンスと書かれているところをクリックします。すると出力モジュール設定という画面が開きます。

開いたら、形式オプションのなかのLZW圧縮にチェックを入れてください。

OKして閉じて、あとは連番をお好きな場所に書き出すのみです。
連番は大量に画像を生成するので、フォルダを指定するのがよいかと思います。

作った連番はフォルダごとAEにドラッグアンドドロップすれば読み込めます。

注意してほしいのがフレームレート。AEだとなにも設定していない場合30fpsとして取り込まれます。
しかし60fpsで作っている人もいるでしょう。その場合はフレームレートを変える必要があります。
フレームレートと変えるには、連番を右クリックしたのち、フッテージを変換>メインと進みます。

画面が表示されたら、予測フレームレートの部分を60(もしくは24,や23.976等、任意のフレームレート)をうってください。

これで完了です。

ちなみにPremiereだとドラッグアンドドロップはできません。
読み込みからファイルを指定して、オプションで画像シーケンスにチェックを入れれば、連番として使えます。

ちょっとわかりにくいので、ここらへん動画で解説するやもしれません。

終わりに

いかがでしたでしょうか。連番データはいろいろ役に立つことがおわかりいただけたかと思います。
連番は特殊な設定や追加料金などがいらないので、すぐにやってみることができます。

ぜひ連番を活用して素敵な動画制作ライフを送ってください。

以上です。

カテゴリー
After Effects

movで書き出すと重いぞというMacユーザーの方へ

こんばんは、織田檸檬です。

movファイル重くない?という方に、AMEを使った軽量化をご紹介します。

mov重いぞ

スクショの動画版を撮ると、macではmovで保存されるわけですが、それがまた重い。

2分22秒録画すると444MB。重いっす。

AMEでエンコードしよう

2017年現在、画質をある程度たもって軽量化するにはmp4にするのが無難です。

AEやPrなどAdobeユーザーならAdobeMediaEncoderを使ってmp4化できます。Macでも。

やり方は以下

AMEを立ち上げるとこういう画面が出てくると思います。

図の部分に変換したいmovをドラッグ・アンド・ドロップします。

形式(QuickTime、と書いてあるところ)もしくはプリセットの部分(ソースの一致、と書いてあるところ)をクリックすると設定画面が出てきます。

形式をH.264にして、プリセットはそのままソースの一致にすれば、基本的な設定はそのままで、コーデックをmovからmp4にしてくれます。

OKをおしたら、あとは右上の再生マーク(緑の三角形)を押せば変換がはじまります。

こうすることで、444MBだったのが190MBまで落ちました。半分以上は軽量化できましたね。

MacでAMEを持っている方はぜひ。

終わりに

AE使ってコンポジション書き出すときもAMEにキューをわたして書き出した方が若干速い気がするので、AMEが文鎮化していた方はコレを機にAME使ってみてはいかがですか。

持っていない方はAdobe税を払ってPrとか購入したらどうでしょう。動画制作はかどりますよ。

以上です。

カテゴリー
After Effects

動画編集の時、文字を揺らすには

こんばんは、織田檸檬です。

動画制作をしていると、文字を揺らしたいときがあると思います。
YouTubeに動画を投稿しているとなおさらです。

YouTuber御用達のソフトといえば、Premiere Pro(以下、Prと呼称)ですが、Prで文字を揺らすのはおすすめしません。
もっと簡単で便利な方法があるので、そちらを紹介します。

一応Prで文字を揺らす方法も書いておきますが、期待はしないでくださいね。

簡単な方法

After Effectsを使う (以下、AEと呼称)

CCを契約しているならAE使ったほうがはやいです。

AEを起動します。

Cmd+Nで新規コンポジションを作ってください。

コンポ名はわかりやすいものにしておくのが妥当かと思います。
(今回は 文字を揺らす にしました)

画面サイズはお好みで。フルHDで作る人は1920×1080を。
fpsも好きに。30fpsで作ってるひとは30、60fpsで作っているひとは60と打ちます。

デュレーションは長さです。
AEではPrと違って尺を予め定めます。
文字を出す秒数分作ってもいいのですが、尺はPr側で調節すればいいので、10秒くらいの尺で作っておけばいいと思います。
10秒尺を作りたければ、00:00:10:00と入力してください。

ここまでで、このような画面になっているかと思います。

それでは文字を打ちます。
図の部分で右クリック。新規 → テキストからテキストレイヤーを作ってください。

文字を入力しましょう。

文字の色は文字ウィンドウから。
(文字ウィンドウそのものがない場合は、一番上のメニューバーからウィンドウ → 文字)

縁をつけたい場合は右下の方をクリックして色を選んでください。

カーニングを調整したい場合は、文字ウィンドウのなかにある、VAと書いてある部分を調整してください。(オプティカルとかメトリクスとか書いてない方)

さらに縁をつけたい場合は、テキストレイヤーを右クリックして、レイヤースタイルを選び、境界線を選択してください。

テキストレイヤーに、レイヤースタイルという項目が追加されたと思います。
その中にカラーという項目があるので、そこで色をつけてください。
サイズで太さを調節できます。

段落ウィンドウで左揃え、中央揃え、右揃えが選べます。

文字を、画面の真ん中にピッタリ合わせたい場合は、先程の段落ウィンドウで中央揃えにしたのち、
整列ウィンドウのなかの中央揃えをクリックしてください。画面真ん中にくるかと思います。

このとき、レイヤーを整列をコンポジションにしておいてください。

さて、文字を揺らします。

トランスフォームから位置の項目を見つけます。

ストップウォッチのマークを、altを推しながら、クリックします。
すると、transform.positionというのが出てくるかと思います。

これはエクスプレッションなのですが、エクスプレッションについてはここで語ると冗長になるので割愛します。

transform.position という文を消して wiggle(100,10); をコピペしてください
;までコピーしてください。

再生ボタン(スペースキー)を推すと、文字が揺れます。これで終わりです。
10秒間ランダムに揺れてくれます。

10秒を20秒にしたい場合は、コンポジション設定(Cmd+K or Ctrl+K)からデュレーションを 00:00:20:00 に変更し、
さらにテキストレイヤーを最後まで伸ばしてください。
これで20秒間揺れつづけます。

エクスプレッションは数式(プログラム)なので、いくら尺を変えても勝手に揺れ続けてくれます。
キーフレームを打つ必要がないので便利です。

大げさに動かす

補足です。

wiggleというエクスプレッションには2つのパラメータがあります。
左の数字は、速度。(正確には周波数)
右の数字は、量です。

大げさに動かす場合は、右の数字を大きくすれば、大きく揺れます。

化物語みたいな動かし方

化物語のテキストは、微妙にジリジリと動いてますよね。
これも簡単に再現できます。

先程とは逆に、右の量を1とか小さいものにしてください。

これで、フィルムのブレのようなものが表現できます。

ゆらゆら揺らす

ゆらゆら帝国、もといゆらゆら揺らすには左の数字を小さくすればOKです。
変化がわかりにくい場合は、右の数字を大きくしてみるといいです。wiggle(1,100);とか?

AEで作ったものをどうやってPrに?

aepを読み込めば大丈夫です。
Adobe Dynamic Linkから After Effectsのコンポジションを読み込むで、作ったコンポジションを指定すれば読み込めます。

10秒のデュレーションで作った場合は、0〜10秒間はPremiere側で調整可能なので、表示させたい時間分だけカットして使ってください。

同じ設定で他のテキストも揺らしたい場合は、コンポジションを複製して文字を書き換えればいいです。
コンポジションの複製は、コンポジションを選んでCmd+Dです。
これで、同じスタイルで揺らすテキストを量産できます。

文字の縁の色を変えたい場合は、AE側で変更すればOKです。
Prで読み込んだ先でも変更されます。

ゴリ押しの方法

AEを契約していなかったり、どうしてもAEを使いたくない場合はゴリ押しの方法があります。

1コマずつキーを打つ

これがもっとも簡単かと思います。
テロップなど、一瞬だけ表示する文字を揺らすのであれば、
1コマずつ打っていってもそんなに時間はかからないと思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
文字を揺らすにはAEを使ったほうが、手っ取り早いし便利だし苦労しないかと思います。

Premiere Proはあくまでも編集ソフトなので、加工そのものはあまり得意ではないです。

ちょっとずつでもいいのでAEを使うことをオススメします。映像表現の幅が広がりますよ。

以上です。

カテゴリー
After Effects

作業している画面とQTなどで書き出した色が違う現象への対策

こんばんは、織田檸檬です。

最近涼しくなってきましたよね。

今日は技術的な備忘録になります。

作業している画面とQTなどで書き出した色が違う現象

ありませんか。僕はあります。というか毎回必ず違います。

本当はここらへん、ちゃんと環境を整えたり、人にお願いしたりしないといけないのですが、アマチュアレベルでのリリースであれば、そんなに気にしなくてもと思います。

なので根本的な解決ではないのですが、それっぽい解決法をご紹介したいと思います。

カラープロファイルコンバーターで頑張る

単純な方法としては、気になった箇所だけを書き出して色を見て、適宜調整するというところでしょうか。

After Effectsを使います。(Premiereにももしかしたら似たようなエフェクトがあるやも)

カラープロファイルコンバーターというエフェクトがあります。

これで出力されたものと近いプロファイルを探し出せば、書き出さずに出力の色を調整できます。

カラープロファイルコンバーターはエフェクトの中のユーティリティの中にあります。

僕の環境ではAdobe RGB(1998)の色味に近い感じで書き出されていたので、上記のスクショのようになっています。

エフェクトを追加する際は、一番上に調整レイヤーを置いて、それにこのエフェクトを適応すればいいかと思います。

このエフェクトをかければ、書き出した時と似たような色味になるので、それで薄いな感じたら彩度をあげてやればいいですし、逆に濃ゆいなと思ったら彩度を下げてやればいいです。

あとはコントラストいじるとか、いろいろあるかと。

あ、色味いじる際はこのエフェクトのかかっている調整レイヤーよりも下で調整を行ってくださいね。

あと、書き出す際はこのエフェクトを消してから書き出してくださいね。

終わりに

そもそも『僕の環境では 』と言葉が出る時点で何もわかっていない証拠なのですが、わからないんだから仕方ないです。いま勉強中ですのでそうカッカしないでください。

もう一度言いますけど、書き出す際はこのエフェクトを消してから書き出してくださいね。約束ですよ。

カラコレの助けになれば幸いです。

以上です。