カテゴリー
CINEMA4D

テクスチャを選択した面だけに貼り付けるには

こんばんは、織田檸檬です。

CINEMA4Dで、この面だけにテクスチャをあてたいっていうのがあるかと思います。今回はその備忘録を書こうと思います。

テクスチャを複数使うには

右記のコインには3つのテクスチャが張られています。

上面のYoYoYoY、側面のオレンジ、底面のUTworksロゴマークの3つ。

どうやるのかというと、テクスチャタグのなかに「選択範囲に限定」っていうのがあると思いますが、それをいじります。

やりかたそのものは、こちらに載っています。

やっていることは単純です。

どれが上面でどれが側面でどれが底面か、わからせるというものです。

まずオブジェクトを編集可能にします。選択したのちcを押せばそうなります。

つぎにライブ選択等で、適応したい面を選択します。それからUVWタグを選択し、選択>選択範囲を記録をクリックします。

そしたらポリゴン選択範囲タグが出てきますので、その名前の部分に自分の好きな名前を書きます。これで準備は整いました。

あとはいつもどおりテクスチャをつっこんだあと、選択範囲に限定のところで適応したい面の名前を書いてやればその面だけにテクスチャが適応されます。

以上です。

今日のGIFについて

今回はRafaelさんのReelにあった表現をしてみたくて再現したものになります。

コインはC4Dです。そしてAEでコンポジットしました。

円形パスをカメラのレールにして撮影してます。

ターゲットタグを使うとより便利かと思います。

AOもつけて連番をレンダリングし、それをAEに持っていきます。

ここで疑問なのが、トランジション部分です。

僕は床のAOを反映させるために床はC4Dで書き出しましたが、そうするとトランジションがうまくいかないんですよね。

仕方なくKeyLightで抜きましたが、うーんこれはちょっとどうなのって感じです。

どうしたら床のAOのみかきだせるんでしょうね。ていうか考え方が間違っているのかもしれませんね。

カテゴリー
CINEMA4D

インク表現をC4Dで

こんばんは、織田檸檬です。

今回もまた備忘録です。あとごめんなさい、C4Dでって書いてますけど、AEも使います。

水滴というかインク的モーショングラフィックス

すでに別の方が作ったチュートリアルがあります。AEのみで作ってるみたいです。

ですが、僕はせっかく買ったC4Dを使ってやろうと思いました。

MoInstanceにディスクを指定して動かす

MoInstanceに平面ディスクを指定し、それにステップエフェクタを加えます。

すると円の大きさをだんだん小さくなるように設定できます。

あとは動かせばもう大丈夫です。ヒストリー数に応じて水滴の長さが変わります。

僕はスプラインに沿うタグでスプラインを用意し、それに沿わせました。

(あとで画像注釈を乗っけるつもりですのでお待ち下しあ)

AEでチョークエフェクト

最後にチョークエフェクトで溶かします。結局チョークエフェクト使うんですけどね。

でもおそらく、シェイプレイヤーを複製してずらしてみたいなことをするより、C4Dでやったほうがあとから調整しやすそうというか、楽なんじゃないかなぁと思いますがどうなんでしょうか。

まとめ

AEでやるとめんどいことが、C4Dでやると簡単。みたいなのをもっと知りたいですね。誰か良さ気なサイトを知っているかた教えてください。

以上です。

カテゴリー
CINEMA4D

クローナーで複製したオブジェクト間を線で結ぶ

こんばんは、織田檸檬です。

今回はクローナー同士を線で結ぶやり方を備忘録として残しておきます。

今回もMark氏のチュートリアルを参考に

昨日も書きましたが、本日もまたMark氏のチュートリアルを元に、今度は多少変化を加えてGIFを作りました。

Mark氏のリンクは以下です。

https://dribbble.com/markpear

備忘録としてメモを書いておこうと思います。

クローン同士を接続するには

この点は正多面体の頂点にあります。これはクローナーのオブジェクトにその正多面体オブジェクトを指定してあげればできるかと思います。

それを適当な線で結びたい時、特に曲線でつないだような感じにしたい場合は、トレーサーを使います。

トレーサーに正多面体オブジェクトを元にしたクローナーを参照。

その後全てのオブジェクトを接続を選び、近接のクローンを選択するとオブジェクト同士が線で結ばれます。

この線はいつものとおり、スイープで作っておく必要がありますので、別途スイープと円形パスが必要になります。

クローナーを含むにはチェックを入れなくてもいいかもしれません。そこらへんは適宜変更を加えたほうがいいでしょう。

タイプと保管法と分割角度が曲線の滑らかさに影響します。

分割角度が小さくなればなるほど重くなりますので、注意してくださいネ。

まとめ

使い方次第で面白い表現になると思いますねこれ。

ただマシンスペックを要求しそうです。

以上です。

カテゴリー
CINEMA4D

CINEMA4Dで線を引く手法について

こんばんは、織田檸檬です。

今回はC4Dで線を引く備忘録を書こうと思います。

C4Dで線を引くには

スイープを使う

スイープに形状のパスとレールのパスを突っ込んで完成です。

終端のスケールがいじれるので、先が細いような線を作りたい時には使えると思います。

また心なしか動作が軽い気がします。

あとエミッタをトレースして使うとき、スイープのほうだと作成中のガタガタがないように思えます。

スプラインラップがオブジェクトの変形で作るのに対し、スイープは形状パスの連続で作るからなのではないかと思っています。

スプラインラップを使う

平面などのオブジェクトにデフォーマ―のなかのスプラインラップをつっこんで、スプラインを選択してあげれば完成です。

始点終点がいじれるほかに、オフセットもいじれるのがポイントではないかと思います。

しかしなめらかな曲線にするにはオブジェクトの分割数を上げなければならず、そうなると重くなります。大量に使うのはやめたほうがいいかもしれません。

まとめ

いまいち決定的な違いがわからない気がしますが、そこは適宜比較して都合の良い方を選んでいくのが回答なのかなと思います。

スイープに関しては別記事も書きましたので、参考になれば。

以上です。

カテゴリー
CINEMA4D

Sketch&Toonが使えなくても、それっぽく見えるチュートリアルの紹介

こんばんは、織田檸檬です。

Broadcast版だと、Sketch&Toonがつかえないですが、頑張ればいけるようです。

今回は、海外のサイトを紹介しつつ、僕のほうでも補足的に備忘録を書いていこうと思います。

今回はここを参照

Creating 2D Cartoon Fire Effects in Cinema 4D – EYEDESYNEYEDESYN

Sketch&Toonの代わり

僕のCINEMA4DはBroadcast版(R17)です。Broadcast版にはMographは入っているのですがSketch&Toonが入ってないです。

これで困るのが、このような2Dグラフィックス的な表現です。なにせSketch&Toonが入っていないんでね。

しかし似たような表現ができるやり方があります。それがここのチュートリアルにあります。

Create 2D Cel Shading in Cinema 4D Lite Without Sketch & Toon – EYEDESYNEYEDESYN

ざっくり覚書

詳しくは先の動画を見るとして、重要そうなところピックアップしました。

1:新規マテリアルを作成

2:発光チャンネルのみオン

3:テクスチャのなかから、特殊効果>照明と異方性を選択

(解説動画ではLumasと出てます。おそらくこれかと思います)

4:シェーダ以外を全部切る

(スペキュラのところの “働かせる” のチェックをはずす)

5:その上にさらにカラー変換を選択

6:グラデーションの部分で色をつける、このとき補間を”なし”にしておく

7:ライトをおく

8:ライトの位置によって影のつき方が変わってくるので上手いこと調整

まとめ

ぶっちゃけなんでこうなってるのかわかっていないです。

影がついてるところにカラー変換で色を乗っけてるのかなと思います。しかもそれが照明と異方性ということで、ライトの向きで変わるのかなーっていうそんな認識ですが、あってるんでしょうか。

果たしてこれがどこまで万能なのかはもっと使ってみないとわからないですけれども、困ったときには試してみる価値がありそうです。

ありがとうeyedesyn。

以上です。

カテゴリー
CINEMA4D

【C4D】CINEMA4D的基本の操作まとめ【Broadcast】

こんばんは、織田檸檬です。

C4D Broadcast版を買って1年以上経ちました。日頃からなにかとお世話になってます。

だいぶ使ってきたので、基本的な操作くらいはできてるだろうと思っていたんですが、この度知らなかったことがあったので備忘録として残しておきます。

1,2,3キーを押しながら左ドラッグでカメラ操作ができる

ビューポートでの操作は図の部分を毎度いじっていたわけですが、なんと数字の1,2,3キーを押しながらマウスの左ボタンをいじることで、同じことができるということを知りました。

上下移動と回転は中央を基点に、ズームイン・アウトはクリックをしたところを基点に動きます。

Alt押しながらマウス操作で同じこともできる

先ほどのビューポート操作、Altキーを押しながらマウスの左ボタン、右ボタン、ホイールで同じことができます。

F1,F2.F3キーでビューポートの表示切り替え

真横、真上、真正面、パースとビューポートには4種類あると思いますが、これらはF1キー等で切り替えが可能です。

Macの方はfnキーを同時に押しながらF1キーを押すとできます。

oキーでオブジェクトに焦点

オブジェクトを選択した状態でoキーを押すと、ビューポートの真ん中に表示してくれるようになります。

オブジェクトの量が多くなったときとかに便利ですね。

MayaでいうとFキーにあたるのかなと思います。

Shift+Cで検索

機能やコマンドなどを検索できます。

終わりに

いやお恥ずかしながら全く気づかずに1年経っておりました。知らないことはまだまだあるでしょうね。

実はこれ、C4Dを買った時についてくる縦置きのショートカットキー一覧に載ってるんですよねちゃんと。

奥が深いですねC4D。

カテゴリー
CINEMA4D

スイープのスケールにセグメントを追加する

こんばんは。織田檸檬です。

今回の記事はかなり短めです。

スイープのスケールにセグメントを追加するには

Control+クリックで追加できます。

グラフ上をControl+クリックすればセグメントができてスケールをいじれます。

追加前

追加後

アイキャッチGIFを作る前に知っていればなぁ

困ったら英語でググろう

ソフトウェアの場合、最終的な解決は上記のようにキーボードショートカットだったりメニューのどこをどうするだったりで落ち着くので、英語が読めなくてもなんとかなります。(なるんだぞ俺。)

雑ですけど備忘録でした。