【NOW】ダークモードに改装中です!

作業している画面とQTなどで書き出した色が違う現象への対策

作業している画面とQTなどで書き出した色が違う現象への対策

こんばんは、織田檸檬です。

最近涼しくなってきましたよね。

今日は技術的な備忘録になります。

 

作業している画面とQTなどで書き出した色が違う現象

ありませんか。僕はあります。というか毎回必ず違います。

本当はここらへん、ちゃんと環境を整えたり、人にお願いしたりしないといけないのですが、アマチュアレベルでのリリースであれば、そんなに気にしなくてもと思います。

なので根本的な解決ではないのですが、それっぽい解決法をご紹介したいと思います。

カラープロファイルコンバーターで頑張る

単純な方法としては、気になった箇所だけを書き出して色を見て、適宜調整するというところでしょうか。

After Effectsを使います。(Premiereにももしかしたら似たようなエフェクトがあるやも)

カラープロファイルコンバーターというエフェクトがあります。

これで出力されたものと近いプロファイルを探し出せば、書き出さずに出力の色を調整できます。

カラープロファイルコンバーターはエフェクトの中のユーティリティの中にあります。

僕の環境ではAdobe RGB(1998)の色味に近い感じで書き出されていたので、上記のスクショのようになっています。

エフェクトを追加する際は、一番上に調整レイヤーを置いて、それにこのエフェクトを適応すればいいかと思います。

このエフェクトをかければ、書き出した時と似たような色味になるので、それで薄いな感じたら彩度をあげてやればいいですし、逆に濃ゆいなと思ったら彩度を下げてやればいいです。

あとはコントラストいじるとか、いろいろあるかと。

あ、色味いじる際はこのエフェクトのかかっている調整レイヤーよりも下で調整を行ってくださいね。

あと、書き出す際はこのエフェクトを消してから書き出してくださいね。

終わりに

そもそも『僕の環境では 』と言葉が出る時点で何もわかっていない証拠なのですが、わからないんだから仕方ないです。いま勉強中ですのでそうカッカしないでください。

もう一度言いますけど、書き出す際はこのエフェクトを消してから書き出してくださいね。約束ですよ。

カラコレの助けになれば幸いです。

以上です。

コメントがあればこちらにどうぞ

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください